漢方食堂 番外編  お勧めブログ

番外編

染と織を専門になさっている友人のブログです↓

http://blogs.yahoo.co.jp/tnkmsm712/trackback/919458/23956197

今は「糸ぐるまさんは、今日はどこの空の下にいるんだろうねぇ」と

言うほどの売れっ子さんで、距離的なもので会えないというよりかは

飛び回っていて会えないという感じです。

いつか「東京で会おうか」「横浜で会おうか」そんな日が来るかも?

私の母は糸ぐるまさんのファンでして、こちらのズボン(パンツ?)を気に入って

はいているのですが、一番体が楽なのだそうです。

きっと、形がうんぬんではなく、人のぬくもりがそう感じさせるのではないかな

と、母を見ておもいます。

たまには札幌でも展示会をしてほしいなぁー
[PR]
# by kannpouhari | 2008-06-26 20:41

2008 6月26日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_16401084.jpg

今日の朝ごはんをアップしました。

いつもながら、すべての野菜には熱を加えてあります。

サラダの玉ねぎは、火を止めた熱湯に沈め、ザルにあげ冷水をさっとかけてから

ジップロックに入れ、エキストラのオリーブオイル・塩でマリネしました(娘のお弁当に

入れたかったので、汁気の多くなるレモンは省きました)

これからの季節は食べ物が傷みやすいので、お豆も玉ねぎと同様にマリネしました。

あとはその日の気分で、サッと茹でたきゅうりと和えたり、いんげんと和えてサラダにします。

f0178360_164929.jpg
そして、この朝食がこんなお弁当になりました。

サラダの玉ねぎも、さっと火を通してあるので臭くありません。

ごぼうはひたひたのお水で火を通し、鰹節と醤油で味付けをし
ちょっとした箸やすめにしました。
(ごぼうの灰汁はしっかり抜いてくださいね)f0178360_1657051.jpg




娘は鍼が大好きで、ほぼ毎日鍼をしているのですが、学校の食堂で食べてもらった日の肌や筋肉は状態が悪く「ああ、やっぱり頑張ってお弁当作らなくっちゃ」っと思うのでした。

f0178360_1734144.jpg
こちらは新得共同学舎のラクレットです。

ラクレットは値段が高いイメージなのですが、こちらは値段が幾分控え目で、味も万人受けするようなマイルドなチーズです。

我が家では、この時期になるとラムやマトンの焼き肉をするのですが、その時にこのラクレットも一緒にプレートで焼いて、お肉のトッピングとして食べます。
おいしいですよ。

f0178360_179587.jpg
そしてやっと北海道も暑くなってきましたので、子供たちのおやつに、またしてもパインアイスを用意しました。

楊枝を刺し、クッキングシートに並べたところです。

そして冷凍庫へGO!

カチカチになったところで、ジップロックに移します。

このパインも円山市場で買っているのですが、パインの熟れ具合がいつもバッチリ!

そしてお兄さんの手切りカットパインとして売られています。

f0178360_17221371.jpg
カットしてあるので、とっても便利!

夕方になると「もう疲れたから切りたくない ごめんねぇー」

と言われるので、時間はお早めに(^-^)
[PR]
# by kannpouhari | 2008-06-26 17:24 | おやつ

2008 6月25日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_045745.jpg

今日の夜ごはんをアップしてみました。

今日はなんてことのない野菜炒め。

古武術の日なので、簡単に支度を済ませて出かけました。

f0178360_081842.jpg
これは先日の鶏がらスープを使いました。

栗原さんの何かの本にあったアイディアを我流にした物です。

湯むきしたトマトを適当な大きさに切り、それと一緒にみじん切りしたパセリを器に入れます。

塩と醤油とベーコンで味を調えたスープを熱々に温め、トマトにジャっとかけて出来上がり。

湯むきしただけのフレッシュ感の残るトマトの感じが美味しい!

f0178360_015454.jpg
そして先日の豆サラダに味をしめて、今度は茶色のお豆にチャレンジしてみました。

円山市場の乾物屋のおばさんに、皮を柔らかく煮るコツを聞いたところ、一晩漬ける時に一つまみの塩を加えるといいとのこと事で、早速試してみたところ、上手に茹であがりました。(茹でる時は塩は入っていません)

なんだか私の中で、お豆ブーム到来の予感です。

f0178360_0244786.jpg


そして昨日、塩豚を仕込みました。

仕込むと言うと大げさに聞こえますが、実際は、豚バラの塊に塩をたっぷり擦り込んだだけ。

この漢方生活に入り、加工食品でなかなか質の良いものがなく

(こだわった物は高いですしね)、ほとんど食べれないでいたのですが

この塩豚は簡単にベーコンもどきの物ができ、とっても重宝です。

塩に漬けてあるので、冷蔵庫で数日持ちますから

暇な時に、コトコトと大き目の鍋で中まで茹であげれば出来上がりなので

気分的にも楽ちんです。

f0178360_0331365.jpg
そして私の数少ない集めている品です。

醤油注しは「しりもれしません!」のうたい文句にいつも「本当かなぁ」と思いつつも買い「やっぱりもれちゃうー」という思いを何度も繰り返していたのですが、その話をしたところ、友人から「これ漏れないよ」っと勧められたのがこのキッコーマンさんの醤油注しです。

半信半疑ながらも安い品なので、冷やかし半分に買ってみたところ、これが漏れません。

もう、赤いキャップは8年選手です。

それ以来の大ファンで、去年発売された50周年記念バージョンの黄金キャップも入手しました。(といっても近所の生協でですが)

私に勧めてくれた友人は、これよりも寸胴に近い、もう少し大きいバージョンを持っていてうらやましくて仕方がありません。

どなたか、もう少し大きいバージョンが売られているところをご存じの方がいらっしゃいましたら
是非、ご一報を!
f0178360_0445037.jpg
そして、ヨシエさんのお花です

今日、治療院にいらしてくださった方が「こんなに八重のトルコキキョウは珍しいねー」と言っていました。

フムフムなるほど。
[PR]
# by kannpouhari | 2008-06-26 00:49

2008 6月24日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_201210100.jpg


今日の夜ごはんをアップしてみました。

・ササギ・人参・ごぼうのきんぴら(砂糖の代わりにお酒を使います)

・豚肩ロースを、酒と醤油に漬けて焼いたもの。

・トマトときゅうりのサラダ(ドレッシングはレモン、塩、エキストラオリーブオイル)です。

f0178360_20155930.jpg

それから娘のお弁当です。

昨日の焼き豚と、いんげんのソテー、トマト、そして

昨日の焼き豚の付け汁に漬けておいた、味付け卵です。

(殻をむかずにひびだけ入れて漬ければ、恐竜の卵のようになりますよ)

そして・・・・・・

f0178360_20295354.jpg


f0178360_20351469.jpg
昨日、「フラワーショップ ヨシエ マコト」さんからお花を届けていただきました。

私に写真の腕がないのが本当に残念!

本当はもっとボリュームがあり、緑がふぁ~っと広がった、木漏れ日の中にでもいるかのような花束なんですよ。

そして、こんなに可愛いアジサイは初めてみました。

先日、研究会の仲間が訪ねて来てくれました。

その彼が「おふくろさんの言ってたお花屋さんわかりましたよ」

「素敵なお花屋さんでしょう  ん!?って、振り向いちゃう感じでしょう」

「それがさぁ、あ、おふくろさんが言ってたお花屋さんだっと思って、お花屋さんの方に
 振り向こうとした時に、オレの横を、ものっ凄い!美人が通ったんだよ。 あ!っと思ったんだけど、お花屋さんを見ちゃったんだわ。 で、すぐに女の人を見たんだけどもう後ろ姿でさ・・・」

「もしかしてそれって!!!」

「たぶん・・・・・」

「追いかけなかったの!?」

「それはできないっしょ」

「・・・・・いや、きっと、違う人だよ。サエコちゃん、小さいっていう話だよ」

「いや、間違いないと思う。 小さかったし、赤んぼ連れだったもん」

「・・・・・・・」

「・・・・・・・」

ホントに、ヨシエさんのショップは「ん!?」っと振り向いちゃうお花屋さんなんだよね。

:サエコちゃんとは、日本ハムのダルビッシュ選手の奥さまで
 どうやら近所に住んでいるらしいと噂なのです。
 〇〇君、また神様のいたずらがあるよ、きっと。

f0178360_20555449.jpgそして、私の孔子の額装です。

素敵に仕上がりました。 

明日、鍼灸院にもって行きます。

:孔子は身長が2メートル程もある大柄な人物だったと伝えられているんですよ。
[PR]
# by kannpouhari | 2008-06-24 20:53 | お弁当

2008 6月23日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_2174620.jpg

今日の夜ごはんをアップしてみました。

写真下、右手は、イタリアンのお店で食べた物を真似して作って以来、我が家の
定番に落ち着いたものです(6月10日に厚焼きバージョンをアップしています)


作り方
・卵             (フライパンの大きさ、その日の気分で卵の数を変えています)
・玉ねぎ
・ピザ用等の、チーズ  (私は生協や四つ葉のピザトースト用を使っています)


まず、玉ねぎを炒め、あらかた冷ましたら卵と一緒にし、チーズ、その他の野菜と
軽く塩コショウし、卵をよくかき混ぜます。

かきまぜたらフライパンに流し入れ、弱火でゆっくりふたをして火を通します。

きれいな焦げ目がついたらひっくり返し、ふたはせずにきつね色に焼きあげ出来上がり。

:彩りを良くしたい場合は、ピーマンやベーコン人参ミニトマトも美味しいですよ。

冷めても美味しいので、お弁当にもお勧めですし、子供のおやつにもなります。

f0178360_21244541.jpg
そして一番最初の写真下段左手の焼き豚です。

これは婦人の友社から出版されている「魔法使いの台所」から「紅茶豚」です。

漢方食堂では酢は使わないのでレモンに変え、みりんの代わりにお酒を多めにしています。

お肉も、大体で用意しています。

材料
・豚肩ロース    500グラム2個
・ティーパック   2個
・醤油        カップ1
・酒         カップ4分の3
・レモンしぼり   カップ4分の1

作り方
・豚肉を塊のままティーパックと一緒にかぶるだけの水を入れ、中まで火を通します。

・付け汁を煮立て、茹であげた熱い豚肉を漬け一晩おく

:私は粗方冷めたらジップロックに付け汁ごと入れ、冷蔵庫で保管しています。
 その方が全体に簡単に味がしみますよ。

f0178360_2142949.jpg
そして焼き豚に使った紅茶ですが、気づいてる方もいらっしゃるかと思いますが、漢方食堂での飲み物のほとんどは紅茶なのです。

製造過程で発酵させたお茶は(例えば、番茶、紅茶)体に優しいようです。

この紅茶は東京ミッドタウンや羽田空港にも入って入っているDEAN&DELUCAのブレンド紅茶です。  


噂のお店なので買ってみたのですがどうも私には・・・・

捨てるにはもったいないので、う~んと考えたあげくに思い出したのが紅茶豚でした。

お陰で美味しかった!

f0178360_2215288.jpg
それから

先日主人が中国で

買ってきたきり絵を

額装してみました。











先日の孔子は私へのお土産で、こちらは主人が自分のために買ったものなのですが

「関羽」の切り絵なんだそうです。

「どうしてこれにしたの?」と聞きましたら

「あんたに似てる」と中国の方に言われたんだとか・・・
[PR]
# by kannpouhari | 2008-06-23 22:08 | 保存食