2008 11月22日(土) こんにちは 漢方食堂です

f0178360_21373498.jpg

こんにちは。

今日のお昼は簡単お雑煮にしました。

本来我が家は鶏がらだしを使うのですが、今日は簡単に昆布とカツオのだし
にお醤油と塩で味付けし、豚肉や大根・人参・ネギ・ミツバを加えて
いただきました。

おもちは先日ご紹介したものです。

最後に海苔を入れたい人だけちぎって入れました。
(美味しいんですよ)


f0178360_21533292.jpg

そして夜は、季節の野菜ではないのですが頂いたトマトジュースと

トマトピューレが一つ残っていたので、ビーフストロガノフにしました。

レシピは向田和子さん監修の「向田邦子の手料理」という本からです。

フライパンにバターを入れ、ニンニクスライスを入れ香りを出し取り除きます。

くし切りにした玉ねぎを炒め、次にマッシュルーム(エリンギ等でも良いかも)

牛肉と入れ火が通ったところでパプリカと小麦粉(本では肉300gに対し

大匙一の小麦粉・大匙一杯半のパプリカ)を入れなじませます。

その後トマトピューレとジュースを私は入れました。

煮詰めながら塩と赤ワイン少々、風味が足りなかったのでバターを足したし

味を調えました。

玉ねぎ・トマトは季節の野菜ではないです。

季節に合っているのはきのこだけですね(@_@;)
f0178360_2254487.jpg

季節の野菜が少ないのでサラダを添えました。

チンゲン菜を沸騰したお湯に入れ、次に千切りにした大根とチンゲン菜の

葉の部分を入れ、歯ごたえが残る感じにさっと茹でて冷水に取りました。

味付けはゴマ油とお醤油で中華風に。


今日は「私の一冊」で紹介されていた福岡正信さん著の
「わら一本の革命」を読み始めました。

耕さず、草もとらず、肥料もやらず、しかも多収穫!という帯のメッセージ。

鍼も人(自然界)を相手にしているのだとつくづく思うのです。
いかに自分の考えに囚われずに自然のままの治療ができるか・・・
共通する部分が多いように思い手に取ってみました。

さてさて、やっぱり発表原稿は先送りです(@_@;)


それでは今日はこの辺で(^-^)

:あ、ビーフストロガノフのご飯はバターライスにしました。
 適量のバターをフライパンで熱し、ピラフの要領で洗わないお米を
 透明になるまで炒めます。
 その後私は炊飯器のおこわラインまで水を入れ、おこわスイッチで
 炊きあげました。
[PR]
by kannpouhari | 2008-11-22 22:20
<< 2008 11月24日(月) ... 2008 11月21日(金) ... >>