2008 8月23日(土) こんにちは 漢方食堂です

f0178360_20314868.jpg

昨日いただいた桃で、フレッシュなピーチティーにしてみました。

札幌は朝晩すーっと冷える日が続いているので、ピンク色のかわいい桃が入った

ピーチティーは何だかほっこり。

子供たちはさらに、漢方食堂ではお勧めはしていない糖分であるハチミツを

だらーっとこぼれるほどスプーンにすくってまぜまぜ。

先日の「崖の上のポニョ」の中で、紅茶にハチミツをたっぷり入れるシーンがあり

どうやらそのマネのようです。

f0178360_20405836.jpg

それぞれのコップに果肉も入れて、食べながら飲む贅沢さ。

ごちそうさまでした。

f0178360_20435345.jpg

そしてこちらは、もう終わってしまうトマトを、昨日に引き続きたっぷり味わう

パスタにしてみました。

昨日よりもちょっとボリュームのある感じにアレンジ。

精気(せいき)を養う豚肉を、表面がカリッとする感じに強火で焼き(その前に油には

ニンニクで香りを出してあります)塩と黒コショウたっぷりふります。

お肉は取り置いておいて、同じフライパンに湯むきトマトを大きめにカットし

軽く炒めてから、硬めに茹でたパスタを入れてなじませます。

最後に豚肉を戻して、軽く合わせて出来上がり。

味付けは塩のみです。

トマトは大きめの方が、口の中でジュワーと広がり美味しいですよ。

f0178360_20513222.jpg

夜ごはんはサンマが美味しそうだったので、焼きサンマにしました。

本当は七輪でパタパタと焼いて食べたいところですが、今日は簡単にグリルで。

骨が簡単に取れるので、子供たちも大好きな魚の一つです。

そういえば、主人の指導教官である某国立大学の名誉教授は、食卓にお魚が上ると

「ん」といって奥さんの方へお皿を押し出し、身をすっかりはずしてもらってから

食べるのだそうです。

主人から色々と伝説を聞いて、私の中ではすっかり「仙人」の様なイメージを

持っていただけに、そのギャップに、なんだかくすぐられる様なおかしさを覚えたのでした。

f0178360_21132859.jpg

こちらはいつもの肉そぼろの「ちょっぴり秋バージョン」

人参・ナス・そしてこれからの野菜である長ネギを加えて作りました。

ナスは2本も入っているのですが、そぼろに混ぜ込むとあまり目立たず

子供たちも知らず知らずに、野菜をたっぷり食べてくれる便利な料理です。

ナスはいつもながら灰汁抜きをしっかりしてくださいね(^-^)

f0178360_2118396.jpg

そして子供がまたニョッキが食べたいと言うので、残りのビーツを今度はあらかじめ煮ておき

ミキサーにかけてペースト状にしてみました。

綺麗なピンクが出るといいのですが・・・楽しみです。

そして今日は二十四節気の一つ、処暑です。

「処は上声、止なり。処気の止息するなり」
暑さが収まるころ、の意味合いで、昼間はまだ暑い日が続きますが
朝夕は思わぬ涼しさに驚かされる日があります。   角川書店 「空の名前」より。

どうぞ、お近くの鍼灸院にて脈を整えに行ってみてください。

それではまた明日(^-^)
[PR]
by kannpouhari | 2008-08-23 21:44
<< 2008 8月24日(日) こ... 2008 8月22日(金) こ... >>