2008 6月23日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_2174620.jpg

今日の夜ごはんをアップしてみました。

写真下、右手は、イタリアンのお店で食べた物を真似して作って以来、我が家の
定番に落ち着いたものです(6月10日に厚焼きバージョンをアップしています)


作り方
・卵             (フライパンの大きさ、その日の気分で卵の数を変えています)
・玉ねぎ
・ピザ用等の、チーズ  (私は生協や四つ葉のピザトースト用を使っています)


まず、玉ねぎを炒め、あらかた冷ましたら卵と一緒にし、チーズ、その他の野菜と
軽く塩コショウし、卵をよくかき混ぜます。

かきまぜたらフライパンに流し入れ、弱火でゆっくりふたをして火を通します。

きれいな焦げ目がついたらひっくり返し、ふたはせずにきつね色に焼きあげ出来上がり。

:彩りを良くしたい場合は、ピーマンやベーコン人参ミニトマトも美味しいですよ。

冷めても美味しいので、お弁当にもお勧めですし、子供のおやつにもなります。

f0178360_21244541.jpg
そして一番最初の写真下段左手の焼き豚です。

これは婦人の友社から出版されている「魔法使いの台所」から「紅茶豚」です。

漢方食堂では酢は使わないのでレモンに変え、みりんの代わりにお酒を多めにしています。

お肉も、大体で用意しています。

材料
・豚肩ロース    500グラム2個
・ティーパック   2個
・醤油        カップ1
・酒         カップ4分の3
・レモンしぼり   カップ4分の1

作り方
・豚肉を塊のままティーパックと一緒にかぶるだけの水を入れ、中まで火を通します。

・付け汁を煮立て、茹であげた熱い豚肉を漬け一晩おく

:私は粗方冷めたらジップロックに付け汁ごと入れ、冷蔵庫で保管しています。
 その方が全体に簡単に味がしみますよ。

f0178360_2142949.jpg
そして焼き豚に使った紅茶ですが、気づいてる方もいらっしゃるかと思いますが、漢方食堂での飲み物のほとんどは紅茶なのです。

製造過程で発酵させたお茶は(例えば、番茶、紅茶)体に優しいようです。

この紅茶は東京ミッドタウンや羽田空港にも入って入っているDEAN&DELUCAのブレンド紅茶です。  


噂のお店なので買ってみたのですがどうも私には・・・・

捨てるにはもったいないので、う~んと考えたあげくに思い出したのが紅茶豚でした。

お陰で美味しかった!

f0178360_2215288.jpg
それから

先日主人が中国で

買ってきたきり絵を

額装してみました。











先日の孔子は私へのお土産で、こちらは主人が自分のために買ったものなのですが

「関羽」の切り絵なんだそうです。

「どうしてこれにしたの?」と聞きましたら

「あんたに似てる」と中国の方に言われたんだとか・・・
[PR]
by kannpouhari | 2008-06-23 22:08 | 保存食
<< 2008 6月24日 こんにち... 2008 6月22日 こんにち... >>