2008 7月2日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_1528133.jpg

今日の朝ごはんをアップしてみました。

スーパーで牛肉が安かったので、ステーキと赤のパプリカとピーマンの炒め物、いんげん・玉ねぎのサラダです。

牛肉は正気(せいきと読みます)を養います。

豚肉は精気、精気の方が何にでも変化できるオールマイティーな食べ物なので豚肉の方がお勧めなのですが、安さに負けました(国産牛)

写真には毎度なので写っていない事もしばしばなのですが、トマトやキュウリもいつも食卓に上っています。

これから今月は7日の小暑、22日の大暑と、どんどん暑くなっていきますので、水分補給代わりにトマトやキュウリを一杯食べてくださいね。

あつー!という日は、ちょっとくらい生で食べても大丈夫ですよ(火を通した方が、やっぱり体は楽ですが)夏バテしないように、今から養生しましょうね。

f0178360_15382839.jpg

こちらは、先日の完熟梅の残りを、シロップにしてみました。

楽しみで、毎日ゆらゆらと朝に晩に回して、発酵しないように可愛がっています。

砂糖の量は梅と同量と書いてあったのですが、そんなに沢山入れるのは恐ろしくて、半量だけ入れたので、なお発酵しやすいかと思い、日に何度もゆらゆらと回しています。

グラニュー糖や氷砂糖はあまり感じが良くないので、私は普通の上白糖でジャムもシロップも作りました。



f0178360_15452799.jpg

そしてこちらはヨシエさんのお花なのですが、向かって左側のお花はハーブの一種なんだそうです。

パインのとってもいい香りがして、鍼灸院へ行くと日に何度もクンクンと匂いを嗅いでは良い気分になっています。

右はスモークグラスという草?箒のようにシューっと広がっていてきれい!。




今日はこれから夕飯の準備の後、後輩が鍼灸院をオープンしたのでお祝いに行き、その後、古武術の教室へ行ってきます。

時間があれば、今日の夜にでもこのページを編集しなおして、もうちょっとボリュームのあるものにしたいのですが、とりあえず今はこの辺で・・・・

そして、今は食べ物の様な顔をした変な食べ物が沢山あるので、どうしても19日の土用以降に具合が悪くなる方が多いのです。

どうぞその前に、体調を万全にしておいてくださいな。

便秘がちな方は、特に要注意です。

土用は18日間あります。
f0178360_23245861.jpg
f0178360_23251477.jpg
今日の夜ごはんを追加アップしました。

大助のソテーとカラーピーマンのソテー、普通のピーマンの胡麻和えです。

胡麻和えは、千切りしたピーマンをさっと茹で(歯触りが残るくらい)軽く冷水で冷まし

胡麻油と塩で味を付け、ゴマを和えて出来上がり。 さっぱりとして食べやすいですよ。

ご飯はトマトの炊き込みごはんです。

栗原さんの今回雑誌の夏号にトマトピラフがあり、参考にしました。

お米2カップに対して、カップ一杯分のトマトでした(湯むきし、叩いて潰しました)

私は先日の塩豚と人参・玉ねぎのみじん切りをオリーブオイルとバター半々くらいで炒め

お米を炒めジャーにセットし、トマトを加え、これまた先日の鶏がらスープをすし飯ラインまで

加え、塩コショウで味を整えて炊きました。

トマトが苦手な息子にも好評だったようで、黙って見ていましたら、一番に平らげていました。

そしてその下は鶏がらスープです。

具材はトマトと玉ねぎ、塩豚、お豆です。

ああ、何とか追加アップが今日中に間に合いそうで良かった!
[PR]
# by kannpouhari | 2008-07-02 16:11

2008 7月1日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_21545250.jpg
f0178360_21551265.jpg今日の夜ごはんをアップしてみました。

今日は旦那さんが作ってくれた餃子です。

旦那さんの餃子とスキヤキはとても美味しく、今では旦那さんの方が包み方も美しくなりました。

餃子の豚肉は精気を養い、スタミナをつけてくれます。

精力はありすぎると言う事がありませんので、どうぞ皆さん豚肉をたくさん食べてくださいね。

そしてサラダは夏野菜のササギ、皮膚を奇麗にしてくれる玉ねぎを合わせました。

ドレッシングは各自でオリーブオイル・塩・レモン・醤油等を好みでかけていただきます。

ご飯は私のお茶碗なのですが、今日はちょっと盛りすぎちゃったかな・・・・(身長161 体重50kgです  目安にしてください)

f0178360_2254443.jpgそしてこちらは今日の朝ごはんです。

今の季節のトマトたっぷりのミートソースと、きゅうり。

患者さんには「一日トマト3個、きゅうり2本食べてくださいね」と言っています。

その他は、色々な夏野菜を火を通してたくさん食べてくださいね。

あ、トウキビが最近出始めてきましたが、トウキビは炭水化物ですからねー

野菜にカウントしないでくださいね(^-^)トウキビを食べたら、ご飯は減らしてくださいね。

f0178360_2261485.jpgそして、先日の梅ジャムをヨーグルトにかけていただきました。

本来は、症状のある患者さんには、果物や砂糖は控えていただきます。

その方が、早く症状がとれますよ。



f0178360_22154760.jpg



こちらは以前紹介した「ガラリ」というスモモなのですが、味は熟すとプラムそっくりな味でした。

もともと我が家ではあまり果物を買わないせいか、珍しくて買ってみたものの、手を伸ばしてくれる人がおらず、熟し切ってしまいました。

捨てるのはもったいないので、私のリンスにする事にしました。

と言っても、ただ酢をドボドボと注ぎかけるだけなのですが・・・・

さっき覗いてみましたら、もう、きれいな赤いリンスになっていまいた。

きっと、おいしい香りのするリンスになるだろうなぁー  

一週間位寝かせて、十分にエキスと香りを移してから、実を取り出しています。

f0178360_22265184.jpgこちらは「フラワーショップ ヨシエ マコト」さんからのお花で、蓮の一種なんだそうです(ヨシエさん、そうでしたよね?)

金魚でも一緒に入れたくなるような、涼しげなお花が来ました。



f0178360_2231146.jpg


そしてこちらは、今日の餃子のタレに入れたラー油なのですが、生活クラブさんで扱っている、薬膳・胡麻ラー油です。

ちょっと薬っぽい味のする、私のお気に入りのラー油です(あれ、あまり美味しそうに聞こえない表現ですね)

オーサワジャパンさんの製品です。

今月中旬、19日は夏の土用ですね。

年4回ある土用ですが、夏の土用が、一番土用らしい土用なのですが(解りにくい言い方ですね)体にとって、一番飲食物の影響の強い時期でもあります。

どうぞ皆様、体に優しい食べ物を、いつも以上に食べるように19日以後気を付けてくださいね。

鍼灸師の私としては、患者さんが一番「具合が悪いー」と言って来る事が多い時期なので、私の患者さんが具合が悪くならないように祈るばかりです。
(19日以後は、お菓子は我慢しようね)
[PR]
# by kannpouhari | 2008-07-01 22:47 | おやつ

2008 6月30日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_15335483.jpg

今日の子供のお弁当です。

豚肉はしゃぶしゃぶ用をさっと焼き、最後に生活クラブのお醤油を

ジュと落とし、香ばしく焼きます。 油は生協のオリーブオイルを使っています。

卵焼きは、白のすりごまと塩を加えました。

焼き油もごま油を使い、香りよく巻きました。



f0178360_15424431.jpgそして今日の朝ごはんです。

食パンの上にミートソースを乗せてこんがりと焼きました。

オカズパンのようで、子供達も朝からパクパクと食べてくれてうれしい限り。

今はトマトの季節なので、この季節にはミートソースを良く作ります。
ミートソースにすると、トマトが苦手な長男も何も言わずにモリモリと食べてくれるので嬉しくなります。

f0178360_15581443.jpg

そして今週も


「フラワーショップ ヨシエ マコト」さんから、お花を届けていただきました。










今週は、先週の大きな木が(名前を忘れてしまった)まだ元気だったので、それに加える感じがいいかなぁーと思っていましたら、ちょうど良いお花が届きました。

日本的なこの木に、パインの匂いがする黄色いハーブ等を合わせてしまうのがヨシエさんのすごい所だと、今週も感心しきり。

ヨシエさんのショップでは、フラワーアレンジメントの教室も行っているのでいつか通ってみたいです

f0178360_16175627.jpg
そして今日は化粧水が無くなったので、化粧水を作りました。

以前ご紹介した、前田京子さんの「お風呂の愉しみ」のレシピを参考にしていたのですが、もう化粧水を作り始めて7・8年になるので、すっかり匙で計ることもなく我流に走っています。

どうぞ、正確には前田さんの著書をご参考になさってくださいませ。



私は、適当な気に入った瓶を清潔に洗い、植物性のグリセリンをタラリ。

その時の気分のハーブオイルを、瓶の大きさに合わせてポトリ。

それを良く振り、浄水機にかけた水を加え、よく振ったら出きあがり。

今日は花の香りもしながら、すーっとする感じもあるローズマリーオイルを入れて作りました。

これまで、色々な化粧品メーカーの化粧水を使ってきましたが、私にとってはどうも手作り化粧水とあまり変わりがないようで・・・・

ならば、一回10円掛かるか掛からないかのこの化粧水の方が、たっぷりと、惜しげもなくバシャバシャと使えるので、気に入っています。

コットンにだって、惜しみなくたっぷり使えますよー

肌がヒリヒリとしたこともない、優秀な化粧水です。

f0178360_16345284.jpg
あ、ハーブの香りは、合う合わないがありますので、どうぞ、お店でクンクンと嗅いでみて、好きだなぁと思うものを選んで購入してくださいな。

ハーブティーも同様です。

私も含め、ハーブティーによっては、頭痛の原因になる方もいらっしゃいますので慎重に!
(もとは薬として使うほど、強い刺激の物ですもんね)
[PR]
# by kannpouhari | 2008-06-30 16:45 | 石鹸・化粧品等

2008 6月29日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_1934943.jpg

今日の朝ごはんです。

小麦よりご飯の方が体に優しいので、我が家の食事は

ご飯の方が多いのですが、たまにお楽しみでパンを出します。

デパートやあちこちのパン屋さんを色々試してみたのですが

体に優しいパンはなかなかありません。

最近は道産小麦も感じが良くありません。

自分で作るのが一番なのですが、一軒だけ質のいいパン屋さんがあり

私はそこで購入しています。

このパンは酢をレモンに変えた手作りマヨネーズを食パンに塗り、玉ねぎ・ベーコン

ピーマンを乗せ、トースターでこんがり焼きあげます。

そう言えば、これは、結婚して主人に教えてもらった料理でしたっけ。

f0178360_19473364.jpg
美味しく焼きあがり

子供たちは「もっと、たっぷりマヨネーズ塗ってー」と言いますが、どうしてもついついうすーく塗ってしまう私。

今は夏なので、自然と水分をたっぷりと欲しくなる、紅茶が美味しく感じる季節なので、久しぶりのパンでさらに美味しく感じました。

今日は、今年初のアイスティーを作りました。

f0178360_19593674.jpg
やっぱり季節の野菜、トマトがメニューに毎日あります。

これは湯むきトマトで、エキストラのオリーブオイル・塩・レモン・醤油等

それぞれが自分のお皿で好きな味付けをして食べます。

もう一つはササギの鰹節和え。醤油だけの味付けです。



f0178360_19595183.jpg
こちらは昨日の梅ジャムを乗せました。

「う!ん~!!」と、酸っぱいのが苦手な主人は唸っていました。

クリームチーズを一緒に塗ったら酸味が緩和されたかな?

朝で私の頭もぼんやりしていました。

娘は「おいしー!」とパクパクと食べていました。

f0178360_2010555.jpg
そして今日は主人の姉が素敵なお菓子のお土産を持って、遊びに来てくれました。

銀座「ウエスト」のPolonという、アーモンドプードルで作るスノーボールクッキーの中に、ヘーゼルナッツが一粒ころりと入っている、とても上品なクッキーでした。

大きなお茶会などのお土産に用意するような、どこに出しても恥ずかしくないような一品なんだそうです。



f0178360_20153641.jpg
丁寧に作られたお菓子は、少し食べただけでも満足感が違うなぁーと思いながらいただきました

2粒で充分満足できました。

残りも大切に食べますね(^-^)

ありがとう
[PR]
# by kannpouhari | 2008-06-29 20:25 | おやつ

2008  6月28日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_22134692.jpg

今日の子供のおやつです。

昨日のゴマ団子の残りのゴマで作った「ごまトースト」と、「砂糖パン」です。

作り方は、室温に戻したバターを食パンに塗り、その上にゴマ(砂糖入り)や

砂糖をふりかけ、トースターできつね色になるまで焼いて出来上がり。

(:症状のある患者さんは、砂糖を食べない方が良いです。
 小麦製品も食べない方が良いです。)

f0178360_22234138.jpg
幼稚園の時に「あ!ご飯炊き忘れちゃった!」なんて時に、このトーストで切り抜けたものです。 


子どもは甘い物が食べられるので「大御馳走」の様に大喜びしてましたっけ。

←焼く前の状態です





f0178360_22264879.jpg
そして昨日の梅を、こちらのリンクしているブログの「ばーさんがじーさんに・・・」(とても素敵なお二方で、ばーさん・じーさんというのは、はばかられるのですが・・・)を参考に、梅ジャムにすることにしました。
2・3時間水に漬け、灰汁抜きした梅を鍋に移し、多めの水を入れ中火にかけます。
お風呂より熱いくらいまで(何とか指を入れれるくらい  あちちちの一歩手前)熱し、水を捨てます。
この工程を2~3回繰り返し、灰汁を丁寧に抜きます。

f0178360_22271815.jpg
灰汁抜きをした梅を鍋に移し、20%の砂糖を加えます。

果汁が浸み出てきたところで強火にかけます。

ジャムは20分位で仕上がるように作ると、色も風味も良くできるので、一気に仕上げてしまうのがコツです。






f0178360_2227321.jpg
柔らかくなったところで種を除くためにザルにあげ、木ベラで漉します。

水分がたっぷり残っているところで漉した方が楽に漉すことができます。










f0178360_22274383.jpg
私は何度かに分けて漉しました。













f0178360_2228244.jpg
漉したものを鍋に戻します。












f0178360_22281297.jpg
強火で煮詰めます。

ヘラで煮詰め始めて、なべ底が見えるようになったら、出来上がりは近いので注意してくださいな。

この位になりましたら、火を中火よりちょっと強いくらいに落とします。

ジャムになったかどうかを見分けるには、コップに水を入れ、煮詰めているジャムをちょっと落とします。 

ふわーっと広がるようだとまだジャムになっていません。

きゅっと、飴の様に固まって落ちれば、できあがりです。

f0178360_22283087.jpg
20パーセントの梅ジャムは「うーん!酸っぱーい!」という仕上がりでしたが、スコーンに梅ジャム、蜂蜜、クリームチーズと合わせたらおいしいかなぁーという甘さに仕上がりました。

「ばーさん」では、しゃぶしゃぶのたれに加えていて、とても美味しそうでした。




f0178360_2362051.jpg

梅でバタバタしていたので、今日の夕飯は簡単にしてしまいました。


f0178360_237489.jpg
パックに詰めて、出来上がり(^-^)

蜂蜜みたいなきつね色に仕上がりました。

梅は灰汁が強いので、梅干しが合わない方は少ないのですが、その他の梅酒やジャムなどは丁寧に灰汁を抜いたり、お酒も安い焼酎ではなく、シングルモルトのブランディーやフィンランディアで作ると随分体が楽ですよ。(どちらにしても、灰汁抜きは十分に)
[PR]
# by kannpouhari | 2008-06-28 23:12 | 保存食