2008 7月8日  こんにちは 漢方食堂です

f0178360_2192848.jpg今日の夜ごはんをアップしました。

最近の鶏肉は、餌や飼育方法に問題があるのでしょうか。
あまり食べても良い感じではないので、我が家ではほとんど食卓に上ることがないのですが、息子がどうしてもこの鶏肉料理が食べたいと言うので、仕方なく「らる畑」さんで鶏肉を買って作りました。

作り方は、両面、塩・コショウでこんがりと焼き、写真のように切り、切り口を火が通るくらいに焼いた後、お醤油をタラリと入れ、香ばしく焼きつけます。

もとは栗原はるみさんの「揚げ鶏のねぎソース(もう一度、ごちそうさまがききたくて。より)」で、秋にはネギを使い、似たようなソースを作ります。

舞茸はバター焼きです。
キノコは秋に配当されているので、ちょっと早いけど、段々美味しくなってきましたね。

f0178360_2120425.jpg

そして今日は娘の大好きなモツァレラチーズ入りのトマトサラダにしました。

これにバジルが入れば何のことはない、カプレーゼですね。

ドレッシングは、エキストラオリーブオイル・レモン・塩です。





f0178360_21392162.jpg
こちらは、八百屋さんが水ナスを安く分けてくれたので、久しぶりにナスの甘味噌がけにしました。

ナスは灰汁が強く、灰汁抜きに時間がかかるので敬遠しがちな野菜だったのですが、水ナスは灰汁が少なく、灰汁抜きも簡単なので重宝します。

甘味噌は、生活クラブのみそにお酒を入れ、鍋で照りが出るまで煮詰めただけのもので、砂糖は一切使っていません(あ、お酒は、紙パックでもいいですけど、純米酒を使ってくださいね)

f0178360_21564499.jpg
そしてこちらは今日の娘のお弁当です。

f0178360_21573745.jpg朝ごはんも同じメニュー。

傍らにはやっぱりトマト。

私はいつも朝に2個食べてます。

娘のお弁当の白いものは、以前ご紹介した事のある、ミニトマトのクリームチーズ入りです。









f0178360_2212566.jpg今日は丸いインゲンを使ってみました。

ごま油とすり白ごまと塩で和えたものです。



f0178360_22113326.jpg




上のトマトに使ったクリームチーズは、紋別郡滝上町の「月のチーズ」のプレーン味です。

保存料、安定剤、着色料無添加で、食べた感じも優しい感じなので、私のお気に入りです。

他には確か、行者ニンニク味とブルーベリーがあったよな・・・・

他は何度か試してみましたが、どうも私には合わないようです。

娘は今日、おやつ代わりにトーストしたベーグルに、月のチーズと先日の梅ジャムを混ぜたトッピングを挟んで食べていましたよ。

そして先日の養老さんの本はちくま文庫から出ている「解剖学教室へようこそ」でした。
[PR]
# by kannpouhari | 2008-07-08 22:29 | お弁当

2008 7月7日 こんにちは 漢方食堂です

小暑

今日は24節気の一つ、小暑です。

段々と日脚は短くなり、梅雨が明け始めます。

暑さは日増しに増してきます。

体が夏の体になっていますと、気温に応じて汗が出、スポーツをして汗をかいた時に

スッキリとするように、暑くても爽やかに感じるものです。

体が疲れていたり、調子を崩してしまった時は自分の力だけで立ち直るのは

大変な時もあります。

そんな時に是非、背中を押してもらうように鍼灸を受けてみてください。

f0178360_20532759.jpg

今日の夜ごはんです。

f0178360_20541531.jpg先日のトマトピラフが美味しく出来たので、ピラフが私のブームになっています。

今回はカレー味のピラフにしてみました。

カレー粉(インディラカレー)を、カップ2のお米に対し、カレースプーン2杯くらい入れました。

お塩は3本の指で4つまみ位、後はお醤油タラリ、そして塩豚の塩分で炊きあげました。(すし飯のところまでの鶏がらスープと、炊き込みご飯モードで炊きました)

具材は玉ねぎ中2分の1・人参適量・塩豚です。

お肉はとんかつ用の豚肉を写真のように切り、フライパンで色よく大体焼き

お酒とお醤油を入れ、甘辛いテリヤキにしました。

人参ときゅうりのサラダは、エキストラオリーブオイルと

塩・粗びき黒胡椒・レモンで和えてみました。

f0178360_2173137.jpg
f0178360_2174658.jpgこちらは今日の朝ごはんです。

やっぱり傍らにはトマト。

何もつけずに、サクサクとフォークで切り、ケーキのように毎日食べています。

トマトの出来の良しあしが、ダイレクトに伝わる食べ方です。

チャーハンは、私は卵を控えているので、卵入りと卵なしの半々になっています。


f0178360_21171942.jpg

f0178360_21174841.jpgそして今週も「フラワーショップ ヨシエ マコト」さんからお花を届けていただきました。

本当に写真の腕がなくて申し訳ないと、毎週毎週思うのですが、実際は

もっと色鮮やかです。

小暑らしく、今週はバッタでもぴょんと飛んできそうな、うっそうとした花束で素敵です。



良く見ると、一つ一つがちょっと見たことがないような物がチョイスされていて

毎週楽しみです。

あ、先週のパイナップルの香りがする草花は

キク科のセファラ フォラという(別名 パイナップル フレグランス)なのだそうです。

ヨシエさん、お忙しい中調べてくださり、ありがとうございました(^-^)
[PR]
# by kannpouhari | 2008-07-07 21:30

2008 7月6日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_1924369.jpg
f0178360_19242271.jpg今日の夜ごはんをアップしました。

こちらでリンクしている「ばーさん・・・」のお料理に刺激され、札幌も暑い日が続いたので冷しゃぶにしてみました。

もちろん、きゅうり含め、すべての野菜にはさっと火を通してあります。

暑いと、野菜が余計に美味しく感じますね。

お豆腐は、生活クラブの物です。

f0178360_19313431.jpg

こちらは、今日も登校日の、娘の朝ごはんです。

今日は札幌も本当に暑かったのですが、毎日のように鍼をしている娘は「みんな暑い暑い!」って言ってたけど、私そんなに苦しくなかったと言っていました。

鍼で、体を季節に合わせて整えておくと、夏は暑さが気持ちよく、冬は寒さが気持ちよく感じます。


f0178360_19443327.jpg
今日の紅茶は、休日に登場することが多い、マリアージュの「エスプリ・ド・ノエル」です。

休日は疲れているので、ちょっとリッチな豊かな感じの紅茶を選び、ゆっくりと食事を楽しみ、来週への英気を養います。

ノエルは、スパイシーで華やかな感じの紅茶で、アイスティーもあいそう。


f0178360_19525485.jpg

あ!前後しますが、しゃぶしゃぶの薬味です。

今日は叩き梅と、ゆず胡椒でいただきました。

ベースはやっぱりただのお醤油です。

ところで、便秘がちな方は、野菜不足ですよー

便秘すると汚れた水が体中に回りますからねー

たっぷり野菜を食べてくださいね
[PR]
# by kannpouhari | 2008-07-06 20:04 | お茶

2008 7月5日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_20342031.jpg

今日の夜ごはんをアップしました。

今日は夏に配当されているお肉、羊の肉で焼き肉にしました。

本当は近所の大金さんで巻いている、マトン(大人の羊)ロールが

食べたかったのですが、残念ながら売り切れでしたので、仕方なく冷凍のラム(子羊)

ロールを食べました。

ジンギスカンにはこだわりのある主人が鍋奉行を務めたので、モヤシは

春の野菜なのですが、どうしてもジンギスカンには欠かせないと言う事で

野菜のメンバー入りいたしました。

主人曰く、このモヤシの上に、冷凍のラムロールを乗せ、溶かしながら

食べるのがコツなんだそうです。

f0178360_20455021.jpg私は、ラクレットチーズをプレートでこんがり焼きながら食べるのが好きです。

パリパリチーズになったところが、またおいしい!

こちらは以前ご紹介した事のある、共同学舎のラクレットチーズを使いました。

ジンギスカンは、焼き肉のたれは使わずに、私はお醤油でいただきます。


f0178360_2054171.jpg次の季節、秋のキノコも焼きました。

前の季節の野菜を加えるよりは、次の季節の野菜を加えた方が、まだ体には優しいです。

これもチーズと相性が良いので、チーズを付けていただきました。

お醤油をポチョンと落とし、焦がし醤油をチーズとお肉等に付けて食べるのも、またおいしい!

f0178360_20591710.jpgそしてやっぱり、トマト君がスタンバイしています。

今日は北海道(札幌)もジリジリと感じるほどに熱い一日だったのですが、娘は学校から帰るなり「トマト食べた~い」と言っていました。

どうぞ水代わりに食べてください。



f0178360_2125511.jpgそして今日はアイスティーを作りました。

先日のデンマークのスーパー「Irma」で買ってきた、Irmaのオリジナルブランドの

オレンジティーです。

北欧は、何もかもデザインの素敵な国で、このオレンジティーのデザインを見た時には

この発色の良いオレンジのパッケージに、オウム(インコ?)の絵という取り合わせに唸りました。

f0178360_2110145.jpg

味もオレンジのさわやかなフレーバーで、夏のアイスティーにぴったりです。

上の写真の左側は、Irmaちゃんが可愛くて、つい買ってきたオリジナルブレンドティーの、パッケージです。






漢方食堂の飲み物のほとんどは紅茶なのですが(製造過程で発酵させたものが

負担が少ないようです)私や先輩は夜に紅茶を飲んでも眠れないと言うことはないよね

と話したことがあるのですが、気になる方は

「マリアージュ」のノンカフェインタイプの紅茶をお試しあれ。
[PR]
# by kannpouhari | 2008-07-05 21:20 | お茶

2008 7月4日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_15491657.jpg

今日の朝ごはんをアップしました。

昨日となんら変わりがないですね。

トマトは益々美味しくなってきました。

夏野菜の見分け方は、ぶら下がって成っているものです。

今は、一年の中で、特に野菜が種類豊富な時期なので、色々な野菜を

是非楽しんで沢山食べてください。


f0178360_165157.jpg娘のお弁当はこうなりました。

ご飯の上にかかっているのは、鰹節と金ゴマを合わせてお醤油で味を付けた、簡単ふりかけです。

生活クラブで買っている鰹節は、パリッとしているので、手で簡単にくしゃくしゃと握るだけで細かくなり、ふりかけにしやすいですよ。

しんなりとした鰹節は、一度レンジでチンすると細かくしやすい状態になります。


このふりかけで、おにぎりの具にすることもあります(チーズと一緒に握るのが、私のお気に入り)


f0178360_16185052.jpgそしてこちらは、中国古武術の基本となっている型の一部の図です。

実物はとてもきれいな色彩で描かれているそうです。

毎週習う度に発見がある奥の深い動作に、益々興味しんしんです。







f0178360_16253739.jpgこちらは、わが鍼灸院の、マスコットボーイ?の、経穴人形君です。

ところで、昨日のコメントにも書いた「脾臓」ですが、現代医学では「膵臓」を指しています。

この犯人は、解剖学の祖と言われる「杉田玄白」さんで、オランダ医書の翻訳の時に「こんな重要な消化器官に脾なんという粗末な名称はいかん!」という事で、集まるという意味の「膵」があてられたんだそうです(本間祥伯先生の「経絡治療講話」より)

ですから、東洋医学でいうところの「脾臓」は、現代の「膵臓」を指すそうです。

杉田玄白さんと言えば、解剖を日本で初めて実行した人と習いましたが、実際は「山脇東洋」が、日本で初めて解剖をした人なんだそうです(養老孟司さんの本より:本が手元にありませんでした 来週、きちんと引用本名を編集しておきます)

その時の名目は「五臓六腑は本当にあるか」だったそうです。

で、結果が「なかった」だったそうです。

現代だと、大腸・小腸の区別は絨毛があるだの、蘭尾があるだのと知識がありますが

初めて見た者にとっては、同じ管にしか見えなかったのでしょうと言うようなことを

養老さんは書かれていたと記憶しています。

f0178360_1752174.jpgf0178360_176935.jpg









そしてこちらは、私の大好きな「Irmaちゃん」です。

デンマークの「irma」スーパーのマスコットガールです。

あまりにも可愛くて、このバックを使うことができません。
[PR]
# by kannpouhari | 2008-07-04 17:13 | お弁当