2008 6月17日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_204834.jpg


今日の朝ごはんをアップしてみました。

今日は香りの良い新ごぼうを牛肉と一緒に炒めてみました。

牛とごぼうは本当に相性ピッタリ!

ごぼうをごま油で炒め、次に牛肉を加えさっと炒めて醤油をたらり。

自然は今、種である子孫を残すために、立派な身体づくりをしています。

人も外へ外へと広がるような体つき(太るという意味ではありませんよ)を目指します。

そんなところからも、新ごぼうの根を広げるような力、玉ねぎの様な芽を出す勢いを

体に取り入れることが益になるのでしょうね。(もちろんトマト・キューリが今は基本です)

f0178360_2155681.jpg
奥に写っているのは、キューリを蛇腹状に切り
(お箸をキューリと一緒にまな板に乗せ千切りに切ると
楽に蛇腹キューリができます)
生姜のみじん切りも加えジップロックにホイッといれ
漬けダレ投入!



今日の漬けダレ
・醤油、ごま油、塩(漬物くらいの量を入れ、醤油を控えた感じで作ってみました)

※漬け物の塩の分量は、両手一杯の野菜の量に対して小さじ2分の1程度
 私は親指・人差し指・中指の三本で多めに塩をつまんだ感じ(アバウト!!)

f0178360_2059220.jpg
そして今日は我が家のおやつを載せてみました。

と言ってもこの通り。

パインを凍らせた通称「パインアイス」です。

高校生や中学生にもなる子供たちが、今でも喜んで爪楊枝を持って食べている光景はちょっとかわいいです。




パインではその他に、ミキサーにパインとヨーグルトとお砂糖少しを入れて

氷トレーで「パインヨーグルトアイス」も作ります。 どれも簡単でしょ(^-^)

市販のアイスより、ずっと体に優しいですよ

f0178360_21305112.jpgf0178360_21311644.jpg









そして昨日に引き続き私のお風呂グッズです

左が石鹸入れでして「今日はどの石鹸にしようかなぁ~ランラン」っと、ウキウキと

石鹸を選びます。

右は以前、お祝い返しに頂いたベリー類のハーブティーを

酢に漬け込んでリンスにした物です。

ミントのエッセンスを入れてスーッとする夏向きのリンスにしてみました。

これも「今日はこれにしちゃおう!」なんて言いながら、ミニグラスにトポトポといれ

桶に張ったお湯に入れ、髪をすすぎます。

この楽しいお風呂生活は前田京子さんの「お風呂の愉しみ」に強く影響されています。

石鹸やリンスの詳しい作り方などは、是非こちらを参考になさってくださいませ。

f0178360_2144478.jpg

鍼の仕事に就いてからは特に「健康」や「人の体を養うものとは何だろう」などと

考えることがあります。

食事ももちろん大切ですが「絵を見る」「音楽を聴く」等

心を潤すものの大切さも感じます。

お風呂生活は私にとっての楽しみであり、潤いの一コマです。

是非、毎日が沢山の潤いのある日々になればと思っています。
[PR]
# by kannpouhari | 2008-06-17 22:01 | 石鹸・化粧品等

2008 6月16日  こんにちは 漢方食堂です

f0178360_18254799.jpg

今日は季節に合った娘のお弁当をアップしました。

患者さんには果物は控えるようにお勧めしているのですが

なぜかパインはあまり体に影響しないようです(と言っても、ずいぶん甘いので

食べ過ぎないでくださいね)

f0178360_18282798.jpg
そして、昨日撮り忘れたごぼうの洋風きんぴら。

私は黒コショウをピリリと利かせた方が好きなので、多めにふります。

新ごぼうの良い香りと、黒コショウの香りとピリリ感がなんとも良い感じ。

あら嫌だ、ふきんまで写ってる。





そしていつもの焼きトマト。

味が乗ってくると、段々葡萄の様な甘酸っぱい味がしてきます。

それからこぶと煮干しからだしを取ったお味噌汁。

f0178360_18334118.jpg
f0178360_18335953.jpg












それから今日は、私のシャンプーを紹介します。

左がシャンプー兼、全身用石鹸です。

6・7年前に、手作り石鹸の本を見ながら石鹸を作ったのがきっかけで

それからずっと手作り石鹸を使い続けています。

今は忙しいので、ネットショップの「いまじん」さんから

作っていた時と変わらぬ製法の物を購入しています。

f0178360_18402686.jpg
f0178360_18404896.jpg










            そして右はリンスです。

以前、こちらで記入したことがあるのですが、我が家は台所には酢はないのですが

お風呂場に、私のリンスとして酢を常備してあります。

写真は、余ったリンゴに蜂蜜を加えて一週間ほど寝かせた「アップルハニービネガーリンス」

と、「ブルーベリーハニーリンス」です(おいしそうでしょ)

蜂蜜を入れることで保湿効果を高めます。

他にも二種類あるのですが、シャンプーする度に「今日はどれにしようかなぁ~ルンルン」

と、嬉しくなります。

何より市販のシャンプーやリンスのの変な匂いがしない上に、手も痒くならない

優れもので手放せません。

f0178360_1858375.jpg

そして毎週月曜日の私の楽しみ「フラワーショップ  ヨシエ マコト」さんのお花。

「やられた~!!」っという感じです。

先週のやんわりと、ほわほわしたムードから一転、ジージーと蝉の声でも聞こえてきそうな、力強い花束が届きました。

今迄の私のお花の買い方では絶対に組み合わせないような花束。

ヨシエさんのセンスに圧倒されました。

f0178360_194720.jpg




そして、先週のかわいい子も寄せ集めて・・・・
[PR]
# by kannpouhari | 2008-06-16 19:06 | 石鹸・化粧品等

2008 6月15日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_13573287.jpg

今日のお昼ごはんです。 夏野菜でかき揚げを作りました。
メニューはかき揚げと暖かいそうめん(北海道はまだ涼しい)キューリの漬物です。

今日のかき揚げは
新ごぼう・新玉ねぎ・人参・ささげを使いました。

春:新玉ねぎ・新ごぼう・もやし・そら豆・桜エビ

秋:人参・いんげん・れんこん・長ネギ・きのこ

冬:れんこん・長ネギ・きのこ(天ぷらでさつま芋等)

等が季節に合った食材で、我が家のかき揚げの定番です。
季節季節で、写真をアップしますね

そして昨日、久しぶりに新ごぼうが入っていたので
昨日からごぼうのお楽しみメニューになっています。
f0178360_1431958.jpg
昨日は新ごぼうを乱切りの様な千切りの様な(写真を撮り忘れました)
感じに切り、少し多めの油で(我が家はピュアオリーブオイル)香りよく炒め
ブラックペッパーと塩で味付けしました。
洋風きんぴらの様な感じです。
ごぼうは元気が出ますよ!(特に新ごぼうが良いです)





f0178360_14153131.jpg
f0178360_14155230.jpg
そして昨日から、やっと北海道も涼しいながらも日中の暖かい日も増えてきたので、麦茶を作り始めました。
やかんで煮出すタイプの麦茶です。(これは生活クラブで購入)
そしてアイスティー等の冷たい飲み物の時は気に入って使っているポットです。
デンマークの蚤の市で私が気に入って買いました。

あぁー、北欧のデザインって本当にすてきだな。
完璧です。
眺めるたびに幸せになる私。




f0178360_14291482.jpg
昨日のピザです

[トマトソース]

鍋にピュアオリーブオイルを多目に入れ、にんにくを加え香りを出す。
あればアンチョビも塩の代わりに入れ、こおばしさが出るまで炒める。

トマトの水煮缶を手で崩しながら入れ、水気がなくなるま
                           で煮詰めれば出来上がり!
                           あとは塩で味を調えてください。


ピザはソースを生地に塗り、玉ねぎ・ピーマン・チーズ(よつば)をのせ
焼きました(ベーコンやソーセージが無かった) 
[PR]
# by kannpouhari | 2008-06-15 14:39

2008 6月14日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_10262923.jpg


今日は昨日の夕飯をアップしました。

昨日の夜はPTAの飲み会だったので、子供たちが温めて
すぐ食べれる豚汁にしました。

各季節にあった具材は

夏の(今日の)具材は豚肉・玉ねぎ・人参・ごぼう・生姜です

春だとこれにキャベツ

秋だと白菜・大根・こんにゃく等を加え、玉ねぎ・ごぼうは除きます。
    玉ねぎは長ネギに変わります。
    ジャガイモやさつま芋をいれることもあります。

冬も大体秋と同様です。

今年、アレルギーで苦しんだ方は、秋からの養生に注意し
長ネギをたくさん食べて春に備えてみてください。
きっと、今年よりも楽に乗り越えることができますよ。

f0178360_10432813.jpgf0178360_10434736.jpg 
今日のお茶は、先日主人が中国から買ってきてくれたものです。
今回は大学の中国人の研究生が通訳として同行したので
質の良いお茶を勧めてくれたのだそうです。

このお茶はまずコップに茶葉を入れ
お湯を注ぎ、葉が沈むのを待ち飲むのだそうです。

日本の煎茶の様な味で、ちょっと粘り気のあるような
味でした。

何より、沈んでる茶葉がジュンサイのようになっていて
ちょっと面白い(それも、全員立っている)

f0178360_112596.jpg
[PR]
# by kannpouhari | 2008-06-14 11:04 | お茶

2008 6月13日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_15431125.jpg

今日は昨日の夕飯をアップしました

今日はシチューです(市販のシチューのルーは使わないでくださいね)
小麦粉は我が家は江別製粉の白地に青い袋のタイプを使っています。
じゃがいもは今の時期には陰性が強いので入れずに、炭水化物は
豚肉で玉ねぎたっぷりのケチャップライスにしました。
子どもたちはやっぱりこんなごはんが大好き!
もりもり食べました。

トマトもさらに美味しくなってきました。
火を通すことによって(写真はトースターで焼いた、焼きトマト)
トマト本来の味が色濃く出てくるように思います。
是非、おいしい野菜屋さんを探す目安にもなりますので
焼いて食べてみてください。
今の時期はいつも患者さんに言っている「一日トマト3個、キューリ2本」
なんて、ぺろりと食べれちゃいますよ。

f0178360_16144642.jpg
f0178360_1615742.jpg
そしてこの時期は何かとトマト味の料理を作るので
らる畑さんで、ピューレとトマトのホール缶を
買って、常備しています。
ひき肉と玉ねぎを炒めれば、あっという間に
ミートソースができますよ♪


f0178360_16502720.jpg

楷樹 学名:トネリバハゼノキ(うるし科)

これは東京の湯島聖堂のハガキで
聖堂に植えてある楷の木の写真です。

漢の孔子の時代に中国医学は
体系化されたと言われている
のですが、その見事な枝ぶりから
楷の木は孔子に例えられるようになりました。
また、その整然とした様から「楷書」の
語源ともなりました。

聖堂の楷の木は、中国山東省曲阜
の孔子墓所より、大正4年に、その種を
譲り受け、日本で育成したものです。
[PR]
# by kannpouhari | 2008-06-13 17:14