<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

七夕

f0178360_20224595.jpg



急に暑くなりましたね!


私は夏バテ防止に、ガツンとステーキを食べました。


オージービーフですけどね。



オージービーフは日本向けに改良した牛がオーストラリアでもウケ人気が出たとかで、昔よりも格段に日本人好みの味になったのだそうです。


添え物には鉄分補給にイタリアパセリをドサッと。


夏はとにかく野菜をたっぷりです。



f0178360_20224606.jpg



今年は出会えないかと心配した豊浦苺に出会えましたので、仕事が終わったあとの夜中にごそごそとジャムを作り始めました。


苺ジャムは無いと寂しいですもんね。


子供が早速炭酸水で割って楽しんでいました。


f0178360_20224624.jpg



先日は七夕でしたね!


キトラ古墳にも織姫と彦星(牽牛星)が載っているのですよ*


北海道は8/7に七夕ですが、これはどういういわれなのでしょうねー。



旧暦ですと今年は8/28に本来の七夕になるのですが、旧暦でもない。。。


うーん。



七夕は五節句の一つで、1/7.3/3.5/5.7/7.9/9の最後から二番目の節句になります。



今回の七夕は「笹の節句」(笹の葉を川に流す習慣がありましたね) 最後は9/9の重陽の節句で「菊の節句」と呼ばれています。



菊の花は呼吸器に効果があると言われていますので、中国茶のお店などで白菊にお湯を注いだ飲み物などが、風邪よけに良いかもしれませんね!



f0178360_20224792.jpg



暑いからと、冷たい飲み物でお腹を冷やし過ぎませんようにお過ごしくださいませ*



東南アジアのあつーい国では、あつーいミルクティーにお砂糖を入れたものをよく飲むのだそうです。



発汗させて、涼しくする。



冷たい飲み物よりも、温かい飲み物は結構涼しくなるものです。



よろしければ、お試しあれ**



前田








[PR]
by kannpouhari | 2017-07-10 19:54

鶏雑炊

f0178360_22312857.jpg



今週は以前から試してみたかった鶏雑炊にチャレンジしました。


私の先生から鶏肉はあまりお勧めではないと聞いていたのと、他のお肉よりも体があまり温まらない様に感じており、積極的には食べていなかった食材の一つだったのですが、中国の薬膳料理や韓国の薬膳料理に丸ごとの鶏が入ったスープや粥などがあり、一度試してみたいと思っていたのでした。



今回は、自然食品屋さんまで鶏肉を買いに行く時間がありませんでしたので、デパートでちょっといい鶏肉にしてみました。



味は塩も何も入らないのですが、とても美味しくて三日間に渡りリクエストがあったほどです。


体はやはり施術中の方や育ち盛り、働き盛りの方は、元気をつけるために豚肉や牛肉がお勧めかな という印象をもちましたが、これから来るでしょう暑くて食欲が薄れた時のメニューには良いかな と思いました。



f0178360_22312953.jpg



作り方は簡単。


私は胚芽米よりも玄米に近い分付き米のゆきひかりを使いました。


1カップにお水1リットルでしばらく浸しておき、火にかけます。



沸騰したら鶏肉を入れて再沸騰させます。



再沸騰しましたら、蓋をして40分極弱火でコトコト。


時間になりましたら、お好みで溶き玉子をどうぞ。


私は付け合わせにキュウリの浅漬け、ニラの醤油漬、揚げをパリパリニラ焼いた物、胡麻をかけました。


家族にはニラの醤油漬が一番人気でしたよ。


5ミリ〜1センチのニラのみじん切りに醤油をひたひたよりも足りないくらい注ぎ、すりおろしニンニク少しと鷹の爪少し。



胡麻油を入れて冷蔵庫で放置しておきましたら、出来上がりです。



どれもこれも簡単料理です。



出かける前にお米を浸して、帰宅したら火にかけ、あれやこれややっているとあっという間に出来上がりです。


このやり方ですと、とりにがふわふわのトロトロですよ!



よろしければ:)



前田

[PR]
by kannpouhari | 2017-07-04 22:11