<   2008年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2008 6月30日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_15335483.jpg

今日の子供のお弁当です。

豚肉はしゃぶしゃぶ用をさっと焼き、最後に生活クラブのお醤油を

ジュと落とし、香ばしく焼きます。 油は生協のオリーブオイルを使っています。

卵焼きは、白のすりごまと塩を加えました。

焼き油もごま油を使い、香りよく巻きました。



f0178360_15424431.jpgそして今日の朝ごはんです。

食パンの上にミートソースを乗せてこんがりと焼きました。

オカズパンのようで、子供達も朝からパクパクと食べてくれてうれしい限り。

今はトマトの季節なので、この季節にはミートソースを良く作ります。
ミートソースにすると、トマトが苦手な長男も何も言わずにモリモリと食べてくれるので嬉しくなります。

f0178360_15581443.jpg

そして今週も


「フラワーショップ ヨシエ マコト」さんから、お花を届けていただきました。










今週は、先週の大きな木が(名前を忘れてしまった)まだ元気だったので、それに加える感じがいいかなぁーと思っていましたら、ちょうど良いお花が届きました。

日本的なこの木に、パインの匂いがする黄色いハーブ等を合わせてしまうのがヨシエさんのすごい所だと、今週も感心しきり。

ヨシエさんのショップでは、フラワーアレンジメントの教室も行っているのでいつか通ってみたいです

f0178360_16175627.jpg
そして今日は化粧水が無くなったので、化粧水を作りました。

以前ご紹介した、前田京子さんの「お風呂の愉しみ」のレシピを参考にしていたのですが、もう化粧水を作り始めて7・8年になるので、すっかり匙で計ることもなく我流に走っています。

どうぞ、正確には前田さんの著書をご参考になさってくださいませ。



私は、適当な気に入った瓶を清潔に洗い、植物性のグリセリンをタラリ。

その時の気分のハーブオイルを、瓶の大きさに合わせてポトリ。

それを良く振り、浄水機にかけた水を加え、よく振ったら出きあがり。

今日は花の香りもしながら、すーっとする感じもあるローズマリーオイルを入れて作りました。

これまで、色々な化粧品メーカーの化粧水を使ってきましたが、私にとってはどうも手作り化粧水とあまり変わりがないようで・・・・

ならば、一回10円掛かるか掛からないかのこの化粧水の方が、たっぷりと、惜しげもなくバシャバシャと使えるので、気に入っています。

コットンにだって、惜しみなくたっぷり使えますよー

肌がヒリヒリとしたこともない、優秀な化粧水です。

f0178360_16345284.jpg
あ、ハーブの香りは、合う合わないがありますので、どうぞ、お店でクンクンと嗅いでみて、好きだなぁと思うものを選んで購入してくださいな。

ハーブティーも同様です。

私も含め、ハーブティーによっては、頭痛の原因になる方もいらっしゃいますので慎重に!
(もとは薬として使うほど、強い刺激の物ですもんね)
[PR]
by kannpouhari | 2008-06-30 16:45 | 石鹸・化粧品等

2008 6月29日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_1934943.jpg

今日の朝ごはんです。

小麦よりご飯の方が体に優しいので、我が家の食事は

ご飯の方が多いのですが、たまにお楽しみでパンを出します。

デパートやあちこちのパン屋さんを色々試してみたのですが

体に優しいパンはなかなかありません。

最近は道産小麦も感じが良くありません。

自分で作るのが一番なのですが、一軒だけ質のいいパン屋さんがあり

私はそこで購入しています。

このパンは酢をレモンに変えた手作りマヨネーズを食パンに塗り、玉ねぎ・ベーコン

ピーマンを乗せ、トースターでこんがり焼きあげます。

そう言えば、これは、結婚して主人に教えてもらった料理でしたっけ。

f0178360_19473364.jpg
美味しく焼きあがり

子供たちは「もっと、たっぷりマヨネーズ塗ってー」と言いますが、どうしてもついついうすーく塗ってしまう私。

今は夏なので、自然と水分をたっぷりと欲しくなる、紅茶が美味しく感じる季節なので、久しぶりのパンでさらに美味しく感じました。

今日は、今年初のアイスティーを作りました。

f0178360_19593674.jpg
やっぱり季節の野菜、トマトがメニューに毎日あります。

これは湯むきトマトで、エキストラのオリーブオイル・塩・レモン・醤油等

それぞれが自分のお皿で好きな味付けをして食べます。

もう一つはササギの鰹節和え。醤油だけの味付けです。



f0178360_19595183.jpg
こちらは昨日の梅ジャムを乗せました。

「う!ん~!!」と、酸っぱいのが苦手な主人は唸っていました。

クリームチーズを一緒に塗ったら酸味が緩和されたかな?

朝で私の頭もぼんやりしていました。

娘は「おいしー!」とパクパクと食べていました。

f0178360_2010555.jpg
そして今日は主人の姉が素敵なお菓子のお土産を持って、遊びに来てくれました。

銀座「ウエスト」のPolonという、アーモンドプードルで作るスノーボールクッキーの中に、ヘーゼルナッツが一粒ころりと入っている、とても上品なクッキーでした。

大きなお茶会などのお土産に用意するような、どこに出しても恥ずかしくないような一品なんだそうです。



f0178360_20153641.jpg
丁寧に作られたお菓子は、少し食べただけでも満足感が違うなぁーと思いながらいただきました

2粒で充分満足できました。

残りも大切に食べますね(^-^)

ありがとう
[PR]
by kannpouhari | 2008-06-29 20:25 | おやつ

2008  6月28日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_22134692.jpg

今日の子供のおやつです。

昨日のゴマ団子の残りのゴマで作った「ごまトースト」と、「砂糖パン」です。

作り方は、室温に戻したバターを食パンに塗り、その上にゴマ(砂糖入り)や

砂糖をふりかけ、トースターできつね色になるまで焼いて出来上がり。

(:症状のある患者さんは、砂糖を食べない方が良いです。
 小麦製品も食べない方が良いです。)

f0178360_22234138.jpg
幼稚園の時に「あ!ご飯炊き忘れちゃった!」なんて時に、このトーストで切り抜けたものです。 


子どもは甘い物が食べられるので「大御馳走」の様に大喜びしてましたっけ。

←焼く前の状態です





f0178360_22264879.jpg
そして昨日の梅を、こちらのリンクしているブログの「ばーさんがじーさんに・・・」(とても素敵なお二方で、ばーさん・じーさんというのは、はばかられるのですが・・・)を参考に、梅ジャムにすることにしました。
2・3時間水に漬け、灰汁抜きした梅を鍋に移し、多めの水を入れ中火にかけます。
お風呂より熱いくらいまで(何とか指を入れれるくらい  あちちちの一歩手前)熱し、水を捨てます。
この工程を2~3回繰り返し、灰汁を丁寧に抜きます。

f0178360_22271815.jpg
灰汁抜きをした梅を鍋に移し、20%の砂糖を加えます。

果汁が浸み出てきたところで強火にかけます。

ジャムは20分位で仕上がるように作ると、色も風味も良くできるので、一気に仕上げてしまうのがコツです。






f0178360_2227321.jpg
柔らかくなったところで種を除くためにザルにあげ、木ベラで漉します。

水分がたっぷり残っているところで漉した方が楽に漉すことができます。










f0178360_22274383.jpg
私は何度かに分けて漉しました。













f0178360_2228244.jpg
漉したものを鍋に戻します。












f0178360_22281297.jpg
強火で煮詰めます。

ヘラで煮詰め始めて、なべ底が見えるようになったら、出来上がりは近いので注意してくださいな。

この位になりましたら、火を中火よりちょっと強いくらいに落とします。

ジャムになったかどうかを見分けるには、コップに水を入れ、煮詰めているジャムをちょっと落とします。 

ふわーっと広がるようだとまだジャムになっていません。

きゅっと、飴の様に固まって落ちれば、できあがりです。

f0178360_22283087.jpg
20パーセントの梅ジャムは「うーん!酸っぱーい!」という仕上がりでしたが、スコーンに梅ジャム、蜂蜜、クリームチーズと合わせたらおいしいかなぁーという甘さに仕上がりました。

「ばーさん」では、しゃぶしゃぶのたれに加えていて、とても美味しそうでした。




f0178360_2362051.jpg

梅でバタバタしていたので、今日の夕飯は簡単にしてしまいました。


f0178360_237489.jpg
パックに詰めて、出来上がり(^-^)

蜂蜜みたいなきつね色に仕上がりました。

梅は灰汁が強いので、梅干しが合わない方は少ないのですが、その他の梅酒やジャムなどは丁寧に灰汁を抜いたり、お酒も安い焼酎ではなく、シングルモルトのブランディーやフィンランディアで作ると随分体が楽ですよ。(どちらにしても、灰汁抜きは十分に)
[PR]
by kannpouhari | 2008-06-28 23:12 | 保存食

2008 6月27日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_23211744.jpg

今日の夜ごはんです。

息子がハンバーグ好きなので、またハンバーグの登場です。

今日はパインが家にあったので、パインバーグにしてみました。

果物屋さんの話では、しばらくパインは入荷がないんだとか。

先日の台風で、パインの被害が大きかったんだそうです。

他はいつも通り季節の野菜を用意しました(すべての野菜には軽く熱を加えています)

これにご飯とお味噌汁をつけました(だしは昆布と煮干し)

f0178360_2330449.jpg
こちらは今日の朝ごはんです。

うなぎの味の付いたものは、大抵みりんを使用しているので、白焼きを生活クラブで購入して楽しんでいます。

たれは醤油と酒を煮詰めて用意します。

(うなぎは私の手抜き料理です ちょっとお家ご飯としては高いのですが、外食するよりはずっと安いし、疲れてしまった時のために、いつも用意しています)


ところで、今日でこのブログも一か月になりました。

この一か月間、一度も酢もみりんももちろん化学調味料も使っていません。

お砂糖はサンドイッチの手作りジャムだけです。

「漢方生活も、この位なら出来そう」っと思っていただけたら嬉しいです。

f0178360_23401513.jpg
そしてこちらは、昨晩、届いた無農薬の梅です。

ほぼ、完熟で届いたので急いで形にしなくては!

完熟なので、甘い梅のいい香りが家中に漂っています。




f0178360_2346946.jpg
そして今日は「喜心」のお団子を、子供のおやつに用意しました。

こちらは私の数少ない「買うおやつ」のお店で、お砂糖を使っていますが、その他はシンプルなようで、あまり体に負担をかけずに消化してくれる、ありがたいお店です。

春になると「ヨモギ摘みに行きますので、お休みします」というような張り紙が出されるお店なんですよ。






f0178360_23463920.jpg
「づくめ団子」という名前で売られています。

名前の通り、ごまがぎっしり!











f0178360_2347454.jpg
明日はこの残りのゴマで「ごまトーストを作って」と、息子から注文が入りました。












そして今日、旦那さんと出かけた飲み屋さんのお客様から

かわいいお花をいただきました。

ミニバラをこんな風に合わせるなんて・・・

お花の生け方って、人それぞれで面白いです。
f0178360_031048.jpg
[PR]
by kannpouhari | 2008-06-28 00:10 | おやつ

漢方食堂 番外編  お勧めブログ

番外編

染と織を専門になさっている友人のブログです↓

http://blogs.yahoo.co.jp/tnkmsm712/trackback/919458/23956197

今は「糸ぐるまさんは、今日はどこの空の下にいるんだろうねぇ」と

言うほどの売れっ子さんで、距離的なもので会えないというよりかは

飛び回っていて会えないという感じです。

いつか「東京で会おうか」「横浜で会おうか」そんな日が来るかも?

私の母は糸ぐるまさんのファンでして、こちらのズボン(パンツ?)を気に入って

はいているのですが、一番体が楽なのだそうです。

きっと、形がうんぬんではなく、人のぬくもりがそう感じさせるのではないかな

と、母を見ておもいます。

たまには札幌でも展示会をしてほしいなぁー
[PR]
by kannpouhari | 2008-06-26 20:41

2008 6月26日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_16401084.jpg

今日の朝ごはんをアップしました。

いつもながら、すべての野菜には熱を加えてあります。

サラダの玉ねぎは、火を止めた熱湯に沈め、ザルにあげ冷水をさっとかけてから

ジップロックに入れ、エキストラのオリーブオイル・塩でマリネしました(娘のお弁当に

入れたかったので、汁気の多くなるレモンは省きました)

これからの季節は食べ物が傷みやすいので、お豆も玉ねぎと同様にマリネしました。

あとはその日の気分で、サッと茹でたきゅうりと和えたり、いんげんと和えてサラダにします。

f0178360_164929.jpg
そして、この朝食がこんなお弁当になりました。

サラダの玉ねぎも、さっと火を通してあるので臭くありません。

ごぼうはひたひたのお水で火を通し、鰹節と醤油で味付けをし
ちょっとした箸やすめにしました。
(ごぼうの灰汁はしっかり抜いてくださいね)f0178360_1657051.jpg




娘は鍼が大好きで、ほぼ毎日鍼をしているのですが、学校の食堂で食べてもらった日の肌や筋肉は状態が悪く「ああ、やっぱり頑張ってお弁当作らなくっちゃ」っと思うのでした。

f0178360_1734144.jpg
こちらは新得共同学舎のラクレットです。

ラクレットは値段が高いイメージなのですが、こちらは値段が幾分控え目で、味も万人受けするようなマイルドなチーズです。

我が家では、この時期になるとラムやマトンの焼き肉をするのですが、その時にこのラクレットも一緒にプレートで焼いて、お肉のトッピングとして食べます。
おいしいですよ。

f0178360_179587.jpg
そしてやっと北海道も暑くなってきましたので、子供たちのおやつに、またしてもパインアイスを用意しました。

楊枝を刺し、クッキングシートに並べたところです。

そして冷凍庫へGO!

カチカチになったところで、ジップロックに移します。

このパインも円山市場で買っているのですが、パインの熟れ具合がいつもバッチリ!

そしてお兄さんの手切りカットパインとして売られています。

f0178360_17221371.jpg
カットしてあるので、とっても便利!

夕方になると「もう疲れたから切りたくない ごめんねぇー」

と言われるので、時間はお早めに(^-^)
[PR]
by kannpouhari | 2008-06-26 17:24 | おやつ

2008 6月25日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_045745.jpg

今日の夜ごはんをアップしてみました。

今日はなんてことのない野菜炒め。

古武術の日なので、簡単に支度を済ませて出かけました。

f0178360_081842.jpg
これは先日の鶏がらスープを使いました。

栗原さんの何かの本にあったアイディアを我流にした物です。

湯むきしたトマトを適当な大きさに切り、それと一緒にみじん切りしたパセリを器に入れます。

塩と醤油とベーコンで味を調えたスープを熱々に温め、トマトにジャっとかけて出来上がり。

湯むきしただけのフレッシュ感の残るトマトの感じが美味しい!

f0178360_015454.jpg
そして先日の豆サラダに味をしめて、今度は茶色のお豆にチャレンジしてみました。

円山市場の乾物屋のおばさんに、皮を柔らかく煮るコツを聞いたところ、一晩漬ける時に一つまみの塩を加えるといいとのこと事で、早速試してみたところ、上手に茹であがりました。(茹でる時は塩は入っていません)

なんだか私の中で、お豆ブーム到来の予感です。

f0178360_0244786.jpg


そして昨日、塩豚を仕込みました。

仕込むと言うと大げさに聞こえますが、実際は、豚バラの塊に塩をたっぷり擦り込んだだけ。

この漢方生活に入り、加工食品でなかなか質の良いものがなく

(こだわった物は高いですしね)、ほとんど食べれないでいたのですが

この塩豚は簡単にベーコンもどきの物ができ、とっても重宝です。

塩に漬けてあるので、冷蔵庫で数日持ちますから

暇な時に、コトコトと大き目の鍋で中まで茹であげれば出来上がりなので

気分的にも楽ちんです。

f0178360_0331365.jpg
そして私の数少ない集めている品です。

醤油注しは「しりもれしません!」のうたい文句にいつも「本当かなぁ」と思いつつも買い「やっぱりもれちゃうー」という思いを何度も繰り返していたのですが、その話をしたところ、友人から「これ漏れないよ」っと勧められたのがこのキッコーマンさんの醤油注しです。

半信半疑ながらも安い品なので、冷やかし半分に買ってみたところ、これが漏れません。

もう、赤いキャップは8年選手です。

それ以来の大ファンで、去年発売された50周年記念バージョンの黄金キャップも入手しました。(といっても近所の生協でですが)

私に勧めてくれた友人は、これよりも寸胴に近い、もう少し大きいバージョンを持っていてうらやましくて仕方がありません。

どなたか、もう少し大きいバージョンが売られているところをご存じの方がいらっしゃいましたら
是非、ご一報を!
f0178360_0445037.jpg
そして、ヨシエさんのお花です

今日、治療院にいらしてくださった方が「こんなに八重のトルコキキョウは珍しいねー」と言っていました。

フムフムなるほど。
[PR]
by kannpouhari | 2008-06-26 00:49

2008 6月24日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_201210100.jpg


今日の夜ごはんをアップしてみました。

・ササギ・人参・ごぼうのきんぴら(砂糖の代わりにお酒を使います)

・豚肩ロースを、酒と醤油に漬けて焼いたもの。

・トマトときゅうりのサラダ(ドレッシングはレモン、塩、エキストラオリーブオイル)です。

f0178360_20155930.jpg

それから娘のお弁当です。

昨日の焼き豚と、いんげんのソテー、トマト、そして

昨日の焼き豚の付け汁に漬けておいた、味付け卵です。

(殻をむかずにひびだけ入れて漬ければ、恐竜の卵のようになりますよ)

そして・・・・・・

f0178360_20295354.jpg


f0178360_20351469.jpg
昨日、「フラワーショップ ヨシエ マコト」さんからお花を届けていただきました。

私に写真の腕がないのが本当に残念!

本当はもっとボリュームがあり、緑がふぁ~っと広がった、木漏れ日の中にでもいるかのような花束なんですよ。

そして、こんなに可愛いアジサイは初めてみました。

先日、研究会の仲間が訪ねて来てくれました。

その彼が「おふくろさんの言ってたお花屋さんわかりましたよ」

「素敵なお花屋さんでしょう  ん!?って、振り向いちゃう感じでしょう」

「それがさぁ、あ、おふくろさんが言ってたお花屋さんだっと思って、お花屋さんの方に
 振り向こうとした時に、オレの横を、ものっ凄い!美人が通ったんだよ。 あ!っと思ったんだけど、お花屋さんを見ちゃったんだわ。 で、すぐに女の人を見たんだけどもう後ろ姿でさ・・・」

「もしかしてそれって!!!」

「たぶん・・・・・」

「追いかけなかったの!?」

「それはできないっしょ」

「・・・・・いや、きっと、違う人だよ。サエコちゃん、小さいっていう話だよ」

「いや、間違いないと思う。 小さかったし、赤んぼ連れだったもん」

「・・・・・・・」

「・・・・・・・」

ホントに、ヨシエさんのショップは「ん!?」っと振り向いちゃうお花屋さんなんだよね。

:サエコちゃんとは、日本ハムのダルビッシュ選手の奥さまで
 どうやら近所に住んでいるらしいと噂なのです。
 〇〇君、また神様のいたずらがあるよ、きっと。

f0178360_20555449.jpgそして、私の孔子の額装です。

素敵に仕上がりました。 

明日、鍼灸院にもって行きます。

:孔子は身長が2メートル程もある大柄な人物だったと伝えられているんですよ。
[PR]
by kannpouhari | 2008-06-24 20:53 | お弁当

2008 6月23日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_2174620.jpg

今日の夜ごはんをアップしてみました。

写真下、右手は、イタリアンのお店で食べた物を真似して作って以来、我が家の
定番に落ち着いたものです(6月10日に厚焼きバージョンをアップしています)


作り方
・卵             (フライパンの大きさ、その日の気分で卵の数を変えています)
・玉ねぎ
・ピザ用等の、チーズ  (私は生協や四つ葉のピザトースト用を使っています)


まず、玉ねぎを炒め、あらかた冷ましたら卵と一緒にし、チーズ、その他の野菜と
軽く塩コショウし、卵をよくかき混ぜます。

かきまぜたらフライパンに流し入れ、弱火でゆっくりふたをして火を通します。

きれいな焦げ目がついたらひっくり返し、ふたはせずにきつね色に焼きあげ出来上がり。

:彩りを良くしたい場合は、ピーマンやベーコン人参ミニトマトも美味しいですよ。

冷めても美味しいので、お弁当にもお勧めですし、子供のおやつにもなります。

f0178360_21244541.jpg
そして一番最初の写真下段左手の焼き豚です。

これは婦人の友社から出版されている「魔法使いの台所」から「紅茶豚」です。

漢方食堂では酢は使わないのでレモンに変え、みりんの代わりにお酒を多めにしています。

お肉も、大体で用意しています。

材料
・豚肩ロース    500グラム2個
・ティーパック   2個
・醤油        カップ1
・酒         カップ4分の3
・レモンしぼり   カップ4分の1

作り方
・豚肉を塊のままティーパックと一緒にかぶるだけの水を入れ、中まで火を通します。

・付け汁を煮立て、茹であげた熱い豚肉を漬け一晩おく

:私は粗方冷めたらジップロックに付け汁ごと入れ、冷蔵庫で保管しています。
 その方が全体に簡単に味がしみますよ。

f0178360_2142949.jpg
そして焼き豚に使った紅茶ですが、気づいてる方もいらっしゃるかと思いますが、漢方食堂での飲み物のほとんどは紅茶なのです。

製造過程で発酵させたお茶は(例えば、番茶、紅茶)体に優しいようです。

この紅茶は東京ミッドタウンや羽田空港にも入って入っているDEAN&DELUCAのブレンド紅茶です。  


噂のお店なので買ってみたのですがどうも私には・・・・

捨てるにはもったいないので、う~んと考えたあげくに思い出したのが紅茶豚でした。

お陰で美味しかった!

f0178360_2215288.jpg
それから

先日主人が中国で

買ってきたきり絵を

額装してみました。











先日の孔子は私へのお土産で、こちらは主人が自分のために買ったものなのですが

「関羽」の切り絵なんだそうです。

「どうしてこれにしたの?」と聞きましたら

「あんたに似てる」と中国の方に言われたんだとか・・・
[PR]
by kannpouhari | 2008-06-23 22:08 | 保存食

2008 6月22日 こんにちは 漢方食堂です

f0178360_19375952.jpg


今日は私が鍼の研究会だったので、お弁当でした。

お肉はしゃぶしゃぶ用の豚肉を、醤油で炒めただけです。

このくらいなら、簡単に市販のお惣菜なしでも作れるでしょ?おまけに、本当に体が

欲しがっている物が入るのですから、食べた後のスタミナも違います。

お肉は精力をつける豚肉が一番良いです。 2番手は正気を養う牛肉、そして夏なので

羊肉も美味しく感じますよ。

札幌の「ペケレット湖」のマトン(親羊)はおいしいですよ!

f0178360_19482672.jpg

そして昨日は、これからの一週間を楽に過ごせるように、また、トマトが美味しく食べれるように、鶏がらスープをとりました。

レシピは「世界不思議発見」の竹内海南江さんの「ワールドクッキング 中南米編」を

参考にして、あとは我流に走っています。

・鶏がら   二羽分
・玉ねぎ   中一個ざく切り
・にんにく  ざく切り

これを鍋に移し、かぶるくらいの水を入れ、中火で灰汁をとりとり火を入れ

煮立ちそうになったら、弱火にしてコトコトとゆっくり1~2時間ほどだしをとります。

その後ザルでこし、塩コショウで味を整え出来上がり

私は、ジップロックに小分けして冷凍しました。  力強い見方を得た気分です。

f0178360_2016223.jpg


こんなにきれいなスープがとれました。

クンクン

う~ん、いい匂い!








f0178360_2095780.jpg

そしてサラダの味がなじみやすいので、私はきゅうりをこのようにピューラーで皮を剥きます。

食欲がない、胃の調子が悪い、そんな方も野菜の皮を剥くことによって胃への

負担が少なくなりますよ。


f0178360_20263383.jpg


それから懐かしいものが出てきたので、アップしてみました。

鍼灸学校の「経絡経穴」の授業での小テストです。

ツボは一般的に365穴あると言われているのですが、それを3年通う学生生活の中で

1年のうちに大体覚えてしまいます。
[PR]
by kannpouhari | 2008-06-22 20:51 | 保存食